58

東口歩道橋しぶやの夕立

渋谷の歩道橋を渡る人々は、足早に歩き始め、雨から身を守るためにビニール傘を広げます。背景のクレーン車は、渋谷地区の都市再開発の時期であることを示しています。
脚注
広重のこの版画は、ポスト印象派であるヴィンセント・ヴァン・ゴッホが複製した、2作品のうちの1つです。ゴッホは、日本の木版画の鮮やかな色彩と、独特の構図を高く評価していました。広重の木版画の珍しい色の組み合わせを研究し、そして真似ることで、ゴッホは観るものに強い感情を引き出す新しい方法を見つけました。
error: All images © Giuseppe De Francesco